甑葉プラザの紹介
 甑葉プラザは、平成18年度に公募型プロポーザル方式による設計者の選定を行い、国のまちづくり交付金事業で村山市総合文化複合施設として建設しました。この甑葉プラザは、中心市街地の活性化を図ることと市全体のまちづくりを目的としています。また、市民の交流や学習活動などの拠点施設として活用し、いつでも気軽に利用できる身近な施設を目指しています。
 甑葉プラザは、「交流と学習によるにぎわいの創造」をテーマに、施設がまちの顔(核)となり、市全域のにぎわいへと繋げる事業を展開していきます。


施設概要

 ○所  在  地 村山市楯岡五日町14-20
 ○着  工 平成20年9月 4日
 ○竣  工 平成22年4月10日
 ○開  館 平成22年5月29日
 ○延床面積 4,450㎡(鉄骨造)
 ○設  計 高宮眞介/計画・設計工房+日総建
 ○愛称由来 施設がより多くの方に親しんでいただけるよう、愛称を全国から募集しました。その結果、村山市を代表するふたつの山「東の甑岳、西の葉山」を仰ぐ環境に建てられた施設であり、このふたつの山に見守ってもらいたいという願いを込めた、村山市在住元木エチ子さん提案の「甑葉プラザ」に決定しました。この由来をイメージし、矢萩喜從郎氏によりシンボルマークをデザインしていただきました。


 


施設案内
市民団体活動紹介
甑葉プラザトップページへ戻ります 施設案内はこちらからどうぞ 利用案内はこちらからどうぞ イベント案内はこちらからどうぞ 市民団体活動紹介はこちらからどうぞ 村山市図書館へはこちらからどうぞ 甑葉プラザへの問合せはこちらからどうぞ 村山市総合文化複合施設 甑葉プラザへはこちらからどうぞ 甑葉プラザのトップページへ戻ります